【土日のお問合せはお電話にてご連絡下さい】

鍼・灸治療

鍼もしくは鍼治療(はりちりょう)とは、身体の特定の点を刺激するために専用の鍼を生体に刺入または接触する治療法である。中国医学等の古典的な理論に基づいており、中国・日本・韓国でそれぞれ発達した。このうち韓国が特に鍼を重視し、「一鍼二灸三薬」と言われている。中国医学では、経穴を刺激することで経絡として知られる道を通る「気」の流れの異常を正すとされる。科学的調査では「気」、「経絡」、「経穴」、といった中国医学の概念に組織学的あるいは生理学的相互関係は見出されておらず、一部の現代の施術者は中国医学的手法に基づかない鍼療法を使用しています。

一般的には艾(もぐさ)を用い、身体の表面【主に経穴(ツボ)にあたる部位】に温熱刺激による治療を施し、症状の改善に効果をあげます。はじめて灸治療を受けるときは、やはり「灸は熱い、跡が残る」という不安を持たれるのではないかと思います。  しかし半米粒大くらいの艾を用いますので、一見して目立つ大きな跡が残ることはありませんし、数回の治療で上手に据えれば、治療後しばらくたてばほとんどその跡も消えてしまいます。また灸といってもさまざまな種類があり、艾と皮膚の間に薬効が期待される生姜などを挟む方法や輻射熱を利用した方法など、心地良い温熱刺激で跡が残る心配がまったくないものもあります。

当院では、はり・きゅうの国家資格を持ったスタッフが施術いたします。患者様の痛みに対して東洋医学の視点から治療を行います。予約制でお好みの時間にご希望のスタッフで施術を受ける事が可能です。(きゅう治療も併せて行う事ができます)

診療時間・休診日

土・日・祝日
8:00 ~ 17:15
昼休み
12:00 ~ 14 : 00
月・火・水・木・金曜日
休診(整形外科クリニックは営業)
【平日忙しい方や、土日のケガや痛みに】
栃木県宇都宮市一条4丁目5-13
電話発信
電話発信