【平日 20時まで診療、スポーツドクタークリニック】

腸脛靭帯炎(ランナー膝)

腸脛靭帯炎
(ランナー膝)

 

【概要】

 

膝の屈伸運動(ランニングやジャンプ)を繰り返すことによって太ももの外側についている靭帯(腸脛靱帯)が大腿骨外顆(大腿骨の膝にある外側のでっぱり)と過剰に接触したり、摩擦がつよくなったりして炎症(滑膜炎)を起こし、膝の外側に痛みが生じてきます。

 

※ZAMST ホームページ ランナー膝 別名:腸脛靭帯炎 より一部画像引用。

 

特にマラソンなどの長距離ランナーに好発することから、ランナー膝と呼ばれるています。

ほかにもバスケットボール、水泳、自転車、エアロビクス、バレエ等、膝への繰り返す負荷の多いスポーツではしばしば生じる疾患です。

 

長距離歩く必要のある営業職や、重量物を運搬する職業など、下肢に負担の多い職業などでも、下肢の筋肉の使いかたや柔軟性の状態などでは同様の症状が出てくることがありまので、スポーツをしていない人でもランナー膝と同様の症状が出ることがあります。

 

 

 

【症状】

 

主な症状は、膝の外側やや上部にある大腿骨外果と呼ばれる骨の出っ張る部分に痛みが生じます。(下図参照)

 

※ZAMST ホームページ ランナー膝 別名:腸脛靭帯炎 より一部画像引用。

 

基本的には痛みが出ている部分に摩擦などのストレスが繰り返されることで生じるので、運動や仕事など膝に負荷をかけたときに痛みを生じます。

 

スポーツで出ることが多いので、スポーツにおける重症度を例にとると、

【軽症】
スポーツは可能であるが、その後痛む。
【中等症】
スポーツのプレーには支障がないが、途中と後で痛む。
【重症】
常に痛み、プレーに支障が出る。
【最重症】
腱や靱帯の部分的な断裂。

このように、状態によっては動作に支障が出るほどのものもあります。

 

 

【原因】

 

主な原因は使いすぎです。

しかし、使いすぎる原因は様々です。

例えば関連する原因として挙げるだけでも

 

・走る時間の増加やスピードが速くなった場合の下肢負担増

 

・疲労が蓄積されたときなどの体力的な問題

 

・ランニングフォーム(走る時の姿勢や下半身や体幹の使い方)など技術的問題

 

・下肢のストレッチ不足

 

・股関節や体幹の筋力不足

 

・偏平足から生じる下肢全体のストレスのかかり方の変化や筋肉バランス変化

 

 

などなど。

複数の要因が重なって発症することも多く、原因の追究が必要です。

 

腸脛靭帯は大腿筋膜張筋という、股関節外側から膝関節をまたいで下腿部外側上部にかけてついている筋肉の一部です。

この筋肉は股関節周囲の筋力や体幹筋力をうまく使えない場合に代償的にこの筋肉を過剰に使ってしまうことがあります。そのために腸脛靭帯の大腿骨と接触している部分の摩擦が多くなり、疼痛につながっているケースもあります。

一時的な過負荷によって生じた問題だけでなく、上記のように普段の身体の使い方が問題の場合には症状が出たり引いたりを繰り返すケースもしばしばみられます。

 

 

【一般的な治療】

 

保存療法が原則です。手術になることは稀です。

第1に局所の安静、つまり、ランニングやステップワークなど過負荷となっている運動の休止が重要です。次に、大腿筋膜張筋など股関節外側部を主としたストレッチ、アイシングを徹底します。さらに消炎鎮痛剤の投与や、超音波などの物理療法を行われることが一般的です。

 

一時的な使い過ぎであることが分かっている場合は、局所の安静をとることで解消することがほとんどです、それでも疼痛が改善しない場合はほかに原因があるので、その対処が必要になります。

 

【当院での治療】

 

なぜ痛みが出たのか原因は一人一人同じではありません。そのため、診察で症状の重症度や原因に合わせてリハビリや投薬など必要な今後の処置を決めていきます

当院はスポーツ整形外科であり、リハビリテーションに力を入れております。

リハビリテーションが処方された場合には、患者様個人に合わせて身体の状況や生活状況などを総合的に調査して対応策を練ってきます。

個人に合わせた運動姿勢や動作の改善を行なったり原因となる筋肉に硬さが存在すれば徒手療法にてマッサージやストレッチも行います。

 

 

部活動や運動されてる方で痛みが強いがどうしても運動しなくてはならない状況であればテーピングを貼ったりドクターの指示のもと投薬で一時的に痛みを抑えることも可能です。

 

また、自宅でのケアや運動環境、生活背景を考慮したアドバイスをさせていただきます。

このように当院では患者様に合わせたオーダーメイドのリハビリを提案しています。

 

保険適応のリハビリテーション以外にも、日々の身体のメンテナンスをしたいという要望に合わせて保険適応外にて、セラピストによるストレッチやマッサージ、鍼灸治療なども対応しております。

柔道整復師や鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師、理学療法士など、有資格者が常駐しておりますので、安心して治療を受けることが可能です。

平日はクリニックでの診療が受けられますが、土日祝日は当院併設の整骨院での診療もおこなっておりますので、部活の大会前や大会中の症状対応も致します。

 

スポーツの際の膝の痛みや、膝の外側の痛みにお悩みの方は早めに当院にご相談ください。

【平日 20時まで診療、スポーツドクタークリニック】
栃木県宇都宮市一条4丁目5-13
電話発信