【平日 20時まで診療、スポーツドクタークリニック】

医院長ごあいさつ

医院長 長谷川恭弘あいさつ

医院長ごあいさつ

私は兄弟三人の次男として群馬県桐生市に生まれました。
私が中学校に入学してすぐ父親ががんで死亡し、家族五人の幸せな生活から母子家庭になり大きく生活環境が変わりました。身体的・精神的にもとても辛い時期でしたが、それ以来私は医師の道を志す様になりました。

大学病院の整形外科教室に入局し、全日本女子バレーボールの仕事をするようになりました。そこでスポーツ選手のケガの治療だけでなく予防コンディショニングの整え方などを勉強し、日本のみならず世界中の大会にチームドクターとして参加してきました。センターポールに日の丸が掲揚された時の感動と涙。

また、全国都道府県対抗駅伝で京都に行った時に駅伝のトップアスリートの下肢の治療時、生ゴムを触る様な手に張り付く様な筋肉に触れた時の感動は今でも覚えています。
その後、サッカーチーム栃木SCの立ち上げからプロバスケットボールチーム栃木BREXの仕事をしております。

栃木にはすばらしい選手が多くいます。スポーツで栃木を元気にするためにがんばります。 皆様のご指導、宜しくお願い申し上げます。

プロフィールはこちら
【平日 20時まで診療、スポーツドクタークリニック】
栃木県宇都宮市一条4丁目5-13
電話発信