【平日 20時まで診療、スポーツドクタークリニック】

野球肘障害(投球肘障害)

野球肘

 

 

野球肘とは投球動作の繰り返しによって起こる肘の障害であり、離断性骨軟骨炎、靭帯損傷、変形性関節症などを包括的に含む病名です。肘には多くの骨や軟骨、靭帯、腱などが存在し、投球動作を繰り返すことで肘関節に負担がかかり、多くは10〜16歳頃に発症します。

 

 

【野球肘の分類】

 

  • 内側型:内側上顆(肘の内側部)に付着する靭帯や筋肉の牽引力によって骨折や靭帯損傷が起こる。

 

  • 外側型:肘外側部にある上腕骨小頭などへの圧迫や剪断力によって炎症や骨折が起こる。肘外側部の離断性骨軟骨炎(軟骨の損傷)が代表的であり、上腕骨および肩甲骨から肘関節を走行する上腕三頭筋の牽引力や骨同士の衝突によって、骨端線離開や骨端線癒合不全を生じる。学童野球での発症が多い。

 

  • 後方型:上腕骨後方にある凹んだ部分(肘頭窩)にストレスがかかることで疲労骨折や骨棘形成が起こる。

 

※日本整形外科学会HPより引用

 

※いずれも初期の段階であれば保存療法でも治癒率は高いと言われていますが、骨折部の大きな捻れやズレ、離断性骨軟骨炎が進行した場合、手術適応となる可能性もあります。そのため、痛みや違和感を感じた際には早期の受診をお勧めします。

 

 

 

2.症状

 

 投球時、投球後の疼痛が主な症状であり、投球の中止によって軽快します。しかし、投球フォームが崩れている場合や、投球に耐えうる筋力や柔軟性が低下している場合には、安静によって一時的に痛みが取れても再発を繰り返すリスクが高くなります。また、肘の不安定感や小指側に痺れ、ロッキング(剥がれた骨や軟骨が関節内に挟まり、肘がある角度で動かなくなる)が生じることもあります。

 

 

3.原因

 

 

 肘関節周囲だけでなく、肩関節や股関節等の筋力・関節可動域の不足による、肘下がりや腕投げの間違ったフォームで繰り返し投球を行うことで、肘への負荷が過剰になることが原因です。投球肘障害は、身体の能力や投げ方、投球数や負荷量など、さまざまな要因が複合して発生している場合が多いのです。個人で状況は様々ですので、それに合った対応が必要になります。

 

 

 

以下の2つの図は投球動作の途中を切り取った図です。2つの投球姿勢の肘の高さに注目です。(右投げを例に)

 

肘に負担の少ない投げ方では、右肘ー右肩ー左肩までが右肩上がりに一直線になっています。

 

肘に負担の多い投げ方の場合は、両肩を結ぶラインから肘が下がってしまっています。この姿勢から投球すると、肘が大きく外ひねりされて、野球肘を引き起こすストレスが大きくなります。

※magic poser により作成

 

また、推奨されている投球数を過度に超えた登板によるOver useも原因となるため、本人だけでなくご家族や指導者も投球制限について知っておくことが必要です。

 

〈日本整形外科学会が提唱する投球制限〉

・小学生:1日50球、週200球以下

・中学生:1日70球、週350球以下

・高校生:1日100球、週500球以下

 

 

4.予防・セルフケア

  

 

 運動前後のストレッチやアイシングは重要です。前腕の筋肉や肩関節、股関節のストレッチを行い、柔軟性を高めることで肘関節にかかる負担軽減に繋がります。特に練習後は、それぞれ30秒程かけゆっくりとストレッチをするようにしましょう。また、氷を患部に当てて冷やし、炎症を抑えることも必要です。当院でのリハビリでは、このようなセルフケアについてもご指導させていただきます。

 

 

5.当院での治療

  

 

 医師よりリハビリテーションが必要と診察された患者様に対し、投球フォームの分析や全身の筋力や可動性のチェックを行います。場合によっては一時的な投球の制限や禁止をする場合もありますが、その間何もしないわけではなく、動作分析や身体機能の状態を評価し、疼痛の根本的な原因を見つけ出すことで、一人一人の状態に応じた運動指導を行なっていきます。それにより、投球フォームの修正、疼痛の改善、パフォーマンスの向上を図り、スポーツ復帰・再発予防までアプローチしています。肘の痛みで日常生活やパフォーマンスにお悩みを抱えている方は一度当院へご来院ください。

 

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

診療時間・休診日

月・水曜日 火・金・土曜日 昼休み 木曜日 日・祝日
AM9:30~PM8:30 AM9:30~PM6:00 AM12:30~PM2:00 インプラント手術日 休診

※祝祭日を含む週の木曜は平日どおり診療しております。

診療時間・休診日

月・火・水・木・金曜日
9:00 ~ 20:00
昼休み
12:30 ~ 15:30
土・日・祝日
休診(鍼灸整骨院は営業)
【平日 20時まで診療、スポーツドクタークリニック】
栃木県宇都宮市一条4丁目5-13
電話発信